研究業績

■学術論文

  • 久保雄登, 神納貴生, 栗山繁, “有彩色照明シーンの色情報を考慮したダイナミックレンジ圧縮,” 電子情報通信学会 論文誌, Vol.J100-D, No.3, pp.394-403, 2017.
  • 増田翔平, 神納貴生, 栗山繁, “流線コード: カラーパターンの残像を用いた情報伝達,” 電子情報通信学会 論文誌, Vol.J100-D, No.2, pp.142-149, 2017.
  • Shigeyuki Komuro, Shigeru Kuriyama and Takao Jinno, “Mimetic Code Using Successive Additive Color Mixture,” IEICE Trans. Inf. & Syst., Vol.E98-D, No.1, pp.98-102, 2015.
  • 松岡諒, 神納貴生, 奥田正浩, “HDR画像生成のためのノイズの低減を考慮した多重露光画像統合法,” 電子情報通信学会 論文誌, Vol.J97-A, No.3, pp.209-220, 2014.
  • Ryo Matsuoka, Takao Jinno, Masahiro Okuda, “Quality Evaluation of Decimated Images Using Visual Difference Predictor,” IEICE Trans. Fundamentals., Vol.E96-A, No.8, pp.1824-1827, 2013.
  • Takao JINNO, and Masahiro OKUDA, “Multiple exposure fusion for high dynamic range image acquisition,” IEEE, The Transactions on Image Processing, Vol.21, No.1, pp.358-365, Jan. 2012.
  • Xinwei XUE, Takao JINNO, and Masahiro OKUDA, ” Watermarking for HDR image robust to tone mapping,” IEICE, Transactions on Fundamentals, Vol.E94-A, No.11, pp.2334-2341, 2011.
  • 神納貴生, 奥田正浩, “バイラテラルに基づく多重ビット深度表現の実現,” IEICE Trans. Fundamentals, Vol.J94-D, No.12, pp.-, Dec. 2011.
  • 神納貴生, 奥田正浩, “HDR監視カメラのための移動物体を考慮したトーンマッピング,” IEICE Trans. Fundamentals, Vol.J94-A, No.6, pp.426-429, Jun. 2011.
  • Takao Jinno, Yusuke Saito, and Masahiro Okuda, “A Study on Weighting Scheme for Rational Remez Algorithm,” IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences Vol.E94-A, No.4, pp.1144-1147, Apr. 2011.
  • Takao JINNO, Hironori KAIDA, Xinwei XUE, Nicola ADAMI and Masahiro OKUDA, “μ-Law Based HDR Coding and Its Error Analysis,” IEICE Trans. Fundamentals, Vol.E94-A, No. 3, pp.972-978, Mar. 2011.
  • Takao JINNO, Kazuya MOURI and Masahiro OKUDA, “High Contrast HDR Video Tone Mapping Based on Gamma Curves,” IEICE Trans. Fundamentals, Vol.E94-A, No.2, pp.525-532, Feb. 2011.

■学会論文

2017年

  • 林藤晃平, 神納貴生, 栗山繁, “有彩色光源による色変化に頑健な物体追跡,” 第79回全国大会, 2017年3月.

2016年

  • 蔀孝典, 栗山繁, 神納貴生, “再分割ブロック間の色差分を用いた二次元カラーコードの透明化,” 第15回情報科学学術フォーラム, 2016年9月.

2015年

  • Yuto Kubo, Takao Jinno and Shigeru Kuriyama, “Color restoration of lighting scenes with locally adapted HDR images,” ICAICTA 2015, Aug. 2015.
  • Yuto Kubo, Takao Jinno and Shigeru Kuriyama, “Image reproduction for vivid colored lighting scenes,” AIC 2015, May 2015.
  • 久保雄登, 神納貴生, 栗山繁, “カラー照明による色彩演出の色印象再現,” 第13回照明学会ヤングウェーブフォーラム, 2015年3月.
  • 増田翔平, 神納貴生, 栗山繁, “移動物体上で利用可能な流線コード,” 電子情報通信学会 総合大会2015, 2015年3月.
  • 岡田修弥, 神納貴生, 栗山繁, “照明ロボットのための輝度・深度情報を用いた照明状態の推定,” 電子情報通信学会 総合大会2015, 2015年3月.
  • 清水誠, 栗山繁, 神納貴生, “調光演出が可能なカラーLEDサインボードを用いた情報配信,” モバイルコンピューティングとユビキタス通信, 2015年3月.
  • Tomoya Miyoshi and Takao Jinno and Shigeru Kuriyama, “Human Detection using HDR Images,” IWAIT 2015, Jan. 2015.

2014年

  • 久保雄登, 神納貴生, 栗山繁, “カラー照明による色彩演出の色印象再現,” 照明学会全国大会, 2014年9月.
  • 久保雄登, 神納貴生, 栗山繁, “局所順応に基づくカラー照明下シーンの色見え再現,” Visual Computing/グラフィクスとCAD合同シンポジウム, 2014年6月.

2013年

  • 石橋治樹, 神納貴生, 松岡諒, 奥田正浩, “ブラーマップを用いたマルチフレームコントラスト強調,” SIPシンポジウム, P1-16, 2013年11月.
  • 渡辺 大也, 神納貴生, 奥田正浩, “人間の知覚する明るさに基づく全域整合性を保持したグレースケール化,” SIPシンポジウム, B1-2, 2013年11月.
  • Takao Jinno,Shigeru Kuriyama,Masahiro Okuda, “Tone-mapping for an HDR surveillance system using SIFT features,” EUSIPCO 2013, Sep. 2013.
  • Ryo Matsuoka, Takao Jinno, Masahiro Okuda, “Study on High Dynamic Range Image Integration with Noise Removal,” The International Workshop on Advanced Image Technology (IWAIT), pp. 782, Jan. 2013.

2012年

  • Takuya Fujiki, Nicola Adami, Takao Jinno, Masahiro Okuda, “High Dynamic Range Image Compression using Base Map Coding,” APSIPA ASC 2012, Dec. 2012.
  • Ryo Matsuoka, Masahiro Okuda, Takao Jinno, “Multiple Exposure Integration with Image Denoising,” APSIPA ASC 2012, Dec. 2012.
  • Takao Jinno, Hiroya Watanabe, Masahiro Okuda, “High Contrast Tone-mapping and its Application for Two-layer High Dynamic Range Coding,” APSIPA ASC 2012, Dec. 2012.
  • Keiichiro Shirai, Masahiro Okuda, Takao Jinno, Masayuki Okamoto, Masaaki Ikehara, “Local Covariance Filtering for Color Images,” ACCV 2012, Nov. 2012.

2011年

  • T. JINNO, N. ADAMI, and M. OKUDA, “Detail Preserving Multiple Bit-Depth Image Representation and Coding,” IEEE International Conference on Image Processing (ICIP), Sep. 2011.
  • 神納貴生, 奥田正浩, “二種類のトーンマッピングを用いた三層HDR符号化,” 電子情報通信学会技術報告, vol.111, no.104, SIP2011-42, pp.73-77, 2011年6月.
  • 神納貴生, 桐島義光, 奥田正浩, “フィルタマップに基づく移動物体を考慮したダイナミックレンジ圧縮,” IEICE 2011年総合大会, A-4-12, 2011年3月.
  • 神納貴生, 桐島義光, 奥田正浩, “複数の平滑化フィルタを用いた局所トーンマッピングに関する検討,” 電子情報通信学会技術報告, vol. 110, no. 368, SIP2010-74, pp. 31-36, 2011年1月.

2010年

  • 神納貴生, NikoraADAMI, 奥田正浩, “可逆トーンマッピングを用いた二層HDR符号化,” 25th SIP SYMPOSIUM, C4-4, Nov. 2010.
  • Jinno.T, Saito.Y, Okuda.M, “Advanced Weighting Scheme in the Rational Remez Algorithm for IIR Digital Filters,” Communications and Information Technologies (ISCIT), 2010 International Symposium, P.579-584, 26-29 Oct. 2010.
  • 神納貴生, 毛利和弥, 奥田正浩, “Adaptive Gamma Curves for High Contrast HDR Video Tonemapping,” 電子情報通信学会技術研究報告 110(215), 85-88, Oct. 2010.
  • Takao Jinno, Kazuya Mouri, Okuda Masahiro, “HDR Video Tone Mapping based on Gamma Blending,” IEEE International Conference on Image Processing (ICIP2010), Sep. 2010.
  • Xinwei XUE, Takao JINNO, Masahiro OKUDA, “A study on high dynamic range image watermarking robust to tonemapping,” International Workshop on Advanced Image Technology (IWAIT), Session P2, Jan. 2010.

2009年

  • 神納貴生, 川島祐一, 奥田正浩, “動きのある多重露光画像を用いたカメラレスポンスカーブの推定”, 信号処理シンポジウム(24th SIP Symposium), Poster C6-4, 2009年11月.
  • 神納貴生, 奥田正浩, “対数応答型イメージセンサにおける階調数削減の一手法”, 信号処理シンポジウム(24th SIP Symposium), C2-1, 2009年11月.
  • Takao JINNO, Satoshi UENO and Masahiro OKUDA, “Modified Visual Difference Predictor for Quantitative Evaluation of Decimated Images”, 2009 International Workshop on Smart Info-Media Systems in Asia (SISA 2009), Video & Speech Processing(poster session), RS3-4, Oct. 2009.
  • 神納貴生, 上野達哉, 奥田正浩, “2 眼カメラを用いた動画像の高ダイナミックレンジ化に関する検討”, 信号処理研究会(SIP), (16), 2009年9月.
  • Nagisa Sugiyama, Hironori Kaida, Xinwei Xue, Takao Jinno, Nicola Adami, Masahiro Okuda, “HDR IMAGE COMPRESSION USING OPTIMIZED TONE MAPPING MODEL”, IEEE International Conference on Acoustics, Speech,and Signal Processing (ICASSP), IMDSP-P4.3, April 2009.
  • 神納貴生, 奥田正浩, “ブレやゴーストのない高ダイナミックレンジ画像の作成,” 電子情報通信学会大会, CDS-1-5, 2009年3月.

2008年

  • 神納貴生, 奥田正浩, “一枚の画像を用いた疑似高ダイナミックレンジ画像の生成,” 映像情報メディア学会技術報告, メディア工学研究会, 2008年11月.
  • Takao Jinno, and Masahiro Okuda, “Motion Blur Free HDR Image Acquisition using Multiple Exposures,” International Conference on Image Processing (ICIP), Paper Code: TA.PA.2, Oct 2008. [2008 Excellent Student Award of the IEEE Fukuoka Section受賞]
  • Takao Jinno, and Masahiro Okuda, “An Image Fusion Technique for High Dynamic Range Image Acquisition,” Pan-Pacific Imaging Conference ’08, pp.290-293, June 2008.
  • 神納貴生, 奥田正浩, “ゴースト抑制性能を持つ高ダイナミックレンジ画像の取得法,” 映像情報メディア学会技術報告, メディア工学, pp.15-18, 2008年5月.

2007年

  • 神納貴生, 奥田正浩, “動き補正を用いた多重露光画像の統合手法に関する考察,” SIPシンポジウム, P4-5, 仙台, 2007年11月.
  • Takao Jinno, Nicola Adami and Masahiro Okuda, “Acquisition and Encoding of High Dynamic Range Images using Inverse Tone Mapping,” IEEE International Conference on Image Processing ICIP2007, TP-L6.6, Sept 2007.

■総説・解説記事

2016年

  • 穂積直裕, 神納貴生, 遠藤政男, 伊藤智啓, 市毛将司, 小林和人, 天野啓二, “超音波による食品中の異物検査の基礎検討,” 超音波TECHNO(日本工業出版), Vol.28, No.2, pp.85-90, 2016年1月.[査読あり]

■研究助成

  • (科研費)日本学術振興会科学研究補助金 若手研究B, 「複数の有彩色照明下におけるカラーラインを用いた照明推定」, 2018-2020.
  • (科研費)日本学術振興会科学研究補助金 若手研究B, 「ハイダイナミックレンジカメラを用いた既存の車載カメラシステムの高性能化」, 2014-2017.
  • (共同研究)愛知県「知の拠点」食の安心・安全技術開発プロジェクト, 「超音波画像,NIR画像を用いた異物検出など」, 2014-2016.
  • (科研費)日本学術振興会科学研究補助金 新任教員スタートアップ支援経費, 「高ダイナミックレンジ画像の効率的な伝送基盤となる汎用圧縮符号化」, 2012-2013.
  • (科研費)日本学術振興会特別研究員DC2, 「高ダイナミックレンジ画像の取得法及び符号化法に関する研究」, 2010-2012.